レストラン
テゥ・ケルデルク
テゥ・ケルデルク イメージ  
グラン・プラスで伝統的なベルギー料理を
「地下」という名前が示すとおり、16世紀は地下蔵だったスペースを改装し、カフェや刑務所として使われた後、1978年からレストランとなったテゥ・ケルデルク。グラン・プラスのブラバン公爵の館の地下にあり、観光地の中心でベルギーの代表的な伝統料理をいただけるレストランです。その上、お値段は良心的とあって、観光客に大人気のお店です。テゥ・ケルデルクで注文するなら、牛肉をビールで煮込んだカルボナードや、ランビック・ビールで煮込んだウサギ肉の煮込み、ワーテルゾーイというクリームシチューを。ワーテルゾーイは鶏肉か魚介類が選べますが、魚介類なら、ムール貝や、鮭、白身魚など具だくさんで、いろんな味を楽しめるので、おすすめです。
【SHOP DATA】
住所 Grand Place 15 - 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 513 73 44  定休日 無休
営業時間

月~金 12:00~14:30/18:00~23:00
土・日 12:00~23:00

URL http://www.restaurant-het-kelderke.be/
メール・デュ・ノール
魚屋さんが経営するスタンディングお魚バー
メール・デュ・ノールでは、その日入荷した新鮮な魚介類を、鉄板焼きやフライにして提供しています。定番は、子エビのコロッケやキベリング(白身魚のタラ)のフライですが、周りの人がおいしそうなものを食べていたら、「あれと同じものを」と注文するのが、このお店でおいしいものに巡り合える秘訣。春夏は、期間限定のマーチェス(ニシンの幼魚のマリネ)、秋冬は生ガキなど、旬の味も楽しめます。日本では珍しいクト(細長いナイフのような形の貝)の鉄板焼きも絶品。白ワインと一緒に新鮮な海の味を堪能できると大人気のお店で、売り切れた食材はメニューから消えていくので、なるべく早い時間に行く方がおすすめです。支払いはクレジット・カード不可で、現金のみです。
【SHOP DATA】
住所 Rue Sainte Catherine 45 - 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 513 11 92   定休日 
営業時間

火~土 11:00~18:00/日 11:00~20:00

URL http://vishandelnoordzee.be/
  メール・デュ・ノール イメージ
ラグビーマン No. 2
ラグビーマン No. 2 イメージ  
選び抜かれたロブスターとムール貝に舌鼓
シーフード・レストランが並ぶサン・カトリーヌ広場で、ロブスターがおいしいと人気のラグビーマンNo. 2。食材の質にこだわり、素材そのものの味を生かした料理をお手頃価格で提供するお店として知られています。ランチの時間には、ぷりぷりとした半身のロブスターがメインで、前菜とデザートがつくMenu Europeénがお得。ベルギーに来たからにはムール貝を食べたいという人には、小さいサイズのキャセロールで調理された2種類の味が楽しめるムール貝セットがおすすめです。定番の小エビのコロッケや旬の食材を使ったお料理も提供しており、シーフード好きには大満足の内容。夏には、開放的なテラス席でベルギー・ビールを片手に、上質なシーフード料理を味わえます。
(※ご注意:隣のラグビーマンNo. 1は別のお店です)
【SHOP DATA】
住所 Quai aux Briques 12 - 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 512 37 60  定休日 無休
営業時間

12:00~14:30/18:00~23:30

URL http://www.rugbymantwo.com/index.php?lg=en#!/
ア・ラ・モール・シュビット
地元の人に愛され続けた地ビールで乾杯
1910年に創業し、1928年に現在の場所に移転したア・ラ・モール・シュビットは、地元の常連客でいつもにぎわうビア・カフェです。「突然死」という名前のこのビア・カフェに来たら、お店の名前のビールを飲んでみて。Mort Subiteブランドのビールにはいくつか種類がありますが、すべてランビックという自然発酵で醸造された酸味の強いタイプのビールです。ランビックは、その醸造工程から別名「ビールのシャンパン」とも言われ、ブリュッセル近郊のみで醸造される地ビール。中でも、Mort Subite Kriek は、サワーチェリーをランビック・ビールに漬け込んで熟成させたもので、とても飲みやすく、女性に人気があります。おつまみは、ブリュッセル・ミートや、ホワイト・チーズのサンドイッチがおすすめです。
【SHOP DATA】
住所 Rue Montagne-aux-Herbes Potagères 7 - 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 513 13 18
定休日 無休(※1/1、12/24、12/25、12/31は定休日)
営業時間

月~土 11:00~25:00/日 12:00~24:00

URL http://www.alamortsubite.com/ENG/info.html
 
  ア・ラ・モール・シュビット イメージ
ムーダー・ランビック
ムーダー・ランビック イメージ  
小さな醸造所で造られた個性溢れるビール

「ランビックの母」という名前の店で、ブリュッセル南西にあるという空気中の天然酵母を使ったランビックビールを揃えているビア・カフェ。その中でも特に20〜30代の若手醸造家が手がけたものを多く取り扱っていることで地元の人々にも一目置かれています。
ビール写真の左からオレンジに近い色合いでまろやかな苦み、甘みが特徴のZinnebir(25clで3.50ユーロ)、エール系で焙煎されたような香りのMonk's Stout(25clで3.70ユーロ)、1年間に1度3ヶ月かけて漬ける完熟チェリーを使用したKriek Cantillon(25clで5.00ユーロ) 、おつまみに麦芽がついてきます。その時々でお店に置いているものが変わるので、メニューの書かれた黒板を見るか、店員さんにおすすめをきいて注文してみましょう。

【SHOP DATA】
住所 8 place Fontainas 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 503 60 68  定休日 無休
営業時間

11:00〜25:00(金・土曜〜26:00)

URL http://www.moederlambic.com
ル・パン・コティディアン
毎日食べるものだからからだにいいものを
日本にも店舗があるベルギー発祥の人気オーガニック・ベーカリーレストラン。コミューナルテーブルと呼ばれる長机に知らない人同士で相席して同じ時間を楽しむというコンセプトから始まりました。
お昼には写真左下のオーガニックのベルギー・ビーフにパルメザン、バジルとオリーブオイルで味付けしたオープンサンドBoeuf bio Belge(10.30ユーロ)を、観光の合間の休憩には右下のサクサクしたメレンゲと生クリーム、フレッシュなフルーツの甘酸っぱさがマッチングしたPavliva met seizoensfriut Pavliva sux fruits de saison(4.30ユーロ)、タルト生地からこぼれそうな量のフランボワーズがのったTartelette aux framboises Frambozentaartie(3.80ユーロ)を。また12時まではベルギーらしい朝食が味わえるブレックファストメニューもあります。
【SHOP DATA】
住所 Galerie de la Reine 11 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 502 02 20  定休日 無休
営業時間

7:00〜19:00(日曜8:00〜)
※イートインは18:00まで

URL http://www.lepainquotidien.be
  ル・パン・コティディアン イメージ
メゾン・アントワーヌ
メゾン・アントワーヌ イメージ  
ブリュッセルで一番人気のフリッツ屋
EU本部近くのジョルダン広場にある65周年を迎えたお店。地元の人にも人気で、お昼頃から行列ができてしまうほどです。小さなサイズでも食べ応え十分なフリッツは、時期によりジャガイモの産地、切り方などを変えています。2度揚げされた外はカリカリ、中がホクホクのフリッツには、アンダルース(マヨネーズとトマトをベースにタマネギや赤ピーマンなどを入れたもの)やタルタルソースを合わせるのがおすすめ。※ソースはフリッツと別売りです。
また広場の回りにはここで買ったフリッツを持ち込んでいいですよという看板があるカフェもあるので、フリッツを片手に入ってビールと一緒に楽しむこともできます。
【SHOP DATA】
住所 1, place Jourdan 1040 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL + 32 2 230 54 56  定休日 無休
営業時間

日〜木11:30〜25:00
金・土11:30〜26:00

URL http://www.maisonantoine.be
カフェ&スイーツ
ダンドワ
老舗のお菓子屋さんでワッフルを食べ比べ
1829年創業のダンドワは、スペキュロス(シナモン風味のベルギーの伝統的なクッキー)の老舗ブランド。グラン・プラスの近くのティー・ルームでは、焼き立てのワッフルをいただくことができます。ベルギーには、日本でも人気のあるもちっとしたリエージュ・ワッフルと、さくさくと軽い食感のブリュッセル・ワッフルの2種類のワッフルがあります。特にブリュッセル・ワッフルは、アイスクリームやイチゴ、チョコレートなどのトッピングと一緒にいただくのに向いています。クッキーと飲み物(コーヒーか紅茶)のセットは、ダンドワの人気クッキーを味見できる人気セット。2階のティー・ルームで味見をしてから、1階のショップで好きなものを買うのにもぴったりです。
【SHOP DATA】
住所 R.Charles Buls 14-18 - 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 512 65 88
営業時間 ティー・ルーム 11:00~18:00
  ショップ 8:30~19:00
定休日 無休(※12/25、1/1は定休日)
URL http://www.maisondandoy.com/en/home/
  ダンドワ イメージ
フレデリック・ブロンデール
フレデリック・ブロンデール イメージ  
ホット・チョコレートなら迷わずここへ
サン・カトリーヌ広場に2店舗を構えるブロンデール。チョコレートだけでなく、ホット・チョコレートやアイスクリームの種類も充実しており、新しいタイプのショコラティエとして、地元の人も注目しています。本店のチョコレート・ショップに併設されたティー・ルームでは、ぜひ5種類もあるホット・チョコレートを試してみて。シンプルにチョコレートの味を楽しみたいなら、バニラの香りが豊かで、濃厚なテクスチャーのマダガスカルを。ミルク・フォームをたっぷり載せたコスタ・リカは、見た目も楽しめます。アトリエを併設したもう1つの店舗では、クリーミーなアイスクリームが看板商品。チョコレートや焼き菓子の他、飲み物のテイクアウトも買えます。
【SHOP DATA】
住所 Quai au Briques 24 - 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 502 21 31
営業時間

月~金・日 13:00~18:45/土 10:30~18:45

  ティー・ルーム ~18:15
定休日 無休(※1/1、12/25は定休日)
URL http://www.frederic-blondeel.be/
ヴィタメール
老舗お菓子屋さんのキュートなチョコレート
王室御用達のヴィタメールは、サブロンにチョコレート・ショップとケーキ・ショップの2軒を構えています。1910年の創業当時から、サブロン広場でお菓子を作り続けてきた歴史ある老舗ブランドです。ケーキ・ショップにはカフェが併設されており、パンと飲み物がセットになった朝食メニューや、キッシュなどの軽食、デザートをいただくことができます。チョコレート・ショップは鮮やかな色使い。季節ごとに変わるディスプレイはもちろんのこと、ダーク・チョコレート色とホット・ピンクを中心に使ったパッケージ・デザインがかわいい箱詰め商品は、お店を訪れる人の目も楽しませてくれます。スパイスを使ったダーク・チョコレートは、素材の良さを感じられ、食べ比べにも最適です。
【SHOP DATA】
住所 Place du Grand Sablon 12-13 - 1000 Brussels
 
Googleマップで確認する
TEL +32 2 546 11 11  定休日 無休
営業時間 月 9:00~18:00/火~土 7:00~19:00
日 7:00~18:30
URL http://www.wittamer.com/fr/index.php
  ヴィタメール イメージ
 

ショッピングへ >>

他のシティ情報を見る
航空券・旅行のご予約 ANAページへ ルフトハンザ ドイツ航空ページへ オーストリア航空ページへ スイス インターナショナル エアラインズのページへ
  掲載の情報は予告なく変更される場合があります。
無休と記載されているショップでも、クリスマスから年末年始および夏休みシーズンに休みになる場合があります。

このページのトップへ >>
  © travel-europe.jp