コート・ダジュール & ニース地方 イメージ
世界中の貴族や富裕層がバカンスを楽しむために集まる、南仏の風光明媚な海岸。名称は「紺碧の海岸」を意味し、フレンチ・リヴィエラとも呼ばれます。地中海沿岸にはニース、カンヌ、モナコといったフランス有数のリゾートが点在し、周辺には「鷲の巣村」と呼ばれる魅力的な小さな村落があります。ピカソやマティスなど多くの芸術家が、この地で名作を生み出しています。
 
コート・ダジュール & ニース地方 観光イメージ
のんびりと過ごしたくなるスポットが沢山のコート・ダジュール&ニース地方。ニースのマルシェでは、暮らすようにお買い物を。
コート・ダジュール & ニース地方 ショップイメージ
地中海とコート・ダジュールに降り注ぐ太陽の恵みは、繊細で芸術的な料理となって、舌も眼も楽しませてくれます。
コート・ダジュール & ニース地方 プランイメージ

ニースの海を堪能した後は、中世の面影を残すサン・ポール・ドゥ・ヴァンスの「鷲の巣村」を散策してみましょう。

観光スポット
プロムナード・デ・ザングレ イメージ プロムナード・デ・ザングレ
Promenade des Anglais / ニース

約3.5Km続くビーチ沿いの遊歩道。景観を楽しみながらレンタルサイクリングやランニングなどをしている人々など、観光客から地元の人までが思い思いの時を過ごしています。「プロムナード・デ・ザングレ」とは「イギリス人の散歩道」という意味。19世紀に避寒地として各国の裕福な人達から注目を浴びたニース。そんな中、海辺に散歩道を作ろうと提案し、資金を集めたのがイギリス人であったことが由来します。オーシャンビューが一望できる遊歩道前の高級ホテルでは、素晴らしい景色の中でリラックスできるオープンテラスを開いているところが多くあります。

マルシェ Marché / ニース
ニースにはいくつかのマルシェ(市場)がありますが、旧市街にあるサレヤ広場は、レストランやカフェにも囲まれ、観光客が一度は訪れたいスポットとなっています。長細い広場中央には、火〜日曜日の朝市で花と野菜・果物のお店が並びます。「牛の心臓」と呼ばれるトマト種や季節の食用花など見ているだけで楽しめます。日本には持って帰れませんが、フルーツを買ってホテルに帰ってからちょっと一口、なんていうマルシェの楽しみ方も。月曜日は市場がお休みのため、代わりに骨董市が立ちます。


[サレヤ広場 Cours Saleya]
住所 Cours Saleya, 06300 Nice
 
Googleマップで確認する
マルシェ イメージ

城跡公園 イメージ
Googleマップで確認する
城跡公園
Le Château de Nice/ ニース

遊歩道を散歩すれば水平に景観を楽しめますが、ニース海岸を一望できるおすすめスポットは城跡公園です。丘の上にある城跡公園の展望台へは歩いて登ることもできますが、有料エレベーターや、市内(プロムナード・デ・ゾングレ)から出ている観光電車に乗ると楽に登ることができます。アーチ型に見えるニースならではの美しいビーチと市街地は絶景です。公園内にはお城の面影を見ることができる城跡があり、芝生公園は地元の子ども達でにぎわっています。

サン・ポール・ドゥ・ヴァンスの街並
St Paul de Vence / サン・ポール・ドゥ・ヴァンス

高台にひっそりと立つ「鷲の巣村」の1つとして有名なサン・ポール・ドゥ・ヴァンス。一歩足を踏み入れると、昔ながらの商店と画廊などの小さな店に囲まれ、石畳の狭い道が延々と続いていきます。マティスやシャガール、ルノワールなどの画壇の巨匠が通い、映画監督やハリウッドスター達もが隠れ家としたホテルなど、今も残る不思議な中世の街並を体験してみませんか?遠くに地中海を臨み、また一方で南アルプスが背後にある魅力的な村といえます。

サン・ポール・ドゥ・ヴァンスの街並 イメージ

グルマルディ城とカーニュ・シュル・メールの街並
Château Grimaldi & Cagnes-sur-Mer / カーニュ・ シュル・メール
グルマルディ城とカーニュ・シュル・メールの街並 イメージ カーニュ・シュル・メール旧市街の中心に位置し、現在、オリーブオイル製造の歴史を展示した博物館や地中海のモダンアートをコレクションした美術館となっているグルマルディ城。丘の上に向かって広がる旧市街は、石畳の道に沿ってぎっしりと家屋が並び、そこを歩いた人だけが体感できる南仏のやさしい村の雰囲気があります。旧市街と新市街に分かれ、旧市街では今でも芸術家が活動をしています。
[グルマルディ城]
住所 Place Grimaldi, 06800 Cagnes-sur-Mer
TEL +33-4-92-02-47-30
開館時間 11月〜4月 : 10:00〜12:00/14:00〜17:00  5月〜10月 : 10:00〜12:00/14:00〜18:00
定休日 火曜、1月1日、5月1日、12月25日(※春と秋に1,2週間お休みになることもあります)
料金 4ユーロ、18〜26歳は2ユーロ (※グリマルディ城とルノワール美術館の一日共通券は6ユーロ)
他のシティ情報を見る
航空券・旅行のご予約 ANAページへ ルフトハンザ ドイツ航空ページへ オーストリア航空ページへ スイス インターナショナル エアラインズのページへ
取材協力:
フランス観光開発機構

フランス観光開発機構

(ご注意:左記から先は外部サイトへ移動します)

※掲載の情報は予告なく変更される場合があります。

このページのトップへ >>
  © travel-europe.jp