マドリード & トレド & セゴビア イメージ
文化都市マドリードは、ハプスブルグ王家やブルボン王家など、歴史の中で新旧の様々な要素が程良くブレンドされた、イベリア半島の経済中心地のひとつ。その最古から続くアラブ建築の雰囲気が残っていることも特色。ギリシア人画家エル・グレコが活躍したトレドや、高台にそびえスペイン最古の水道橋を有するセゴビアには、それぞれ世界遺産登録の旧市街地があります。
 
マドリード & トレド & セゴビア 観光イメージ
マドリードの王宮は、タペストリーコレクションが圧巻。それぞれにみどころのある、各都市のアルカサルとカテドラルも必見。
マドリード & トレド & セゴビア ショップイメージ
小さく切ったパンに少量の料理が乗っているピンチョスは、バルによってパンも料理も異なるので、違いを楽しんでみても。
マドリード & トレド & セゴビア プランイメージ

マドリードではプラド美術館やソフィア王妃芸術センターで。トレドでは大聖堂やサント・トメ教会で名画の数々に出会います。

観光スポット
アルカサル イメージ アルカサル Alcázar de Segovia / セゴビア
スペイン語で「城」を意味するアルカサルは、スペインの多くの街にあります。ディズニー映画「白雪姫」の城のモデルとなり、1985年にはセゴビア旧市街とローマ水道橋と一緒にユネスコの世界遺産に登録されました。城の塔からはセゴビア全体がパノラマで見渡せます。城内の「武器の間」には、スペインの歴代の王達が武器や宝を保管したと伝えられます。
住所 Alcázar Camino de la Cuesta
de los Hoyos, 40003 Segovia
Googleマップで確認する
TEL +34-921-46-07-59
開館時間 10:00〜19:00(10月〜3月は18:00まで)
料金 4ユーロ

カテドラル
Catedral de Segovia / セゴビア
マジョール広場(中央広場)にある、スペイン最後のゴシック建築のカテドラル(大聖堂)。セゴビアの街並みを歩きながら色々な角度で見てみると、その景観は異なった印象を抱かせます。「カテドラルの貴婦人」の異名を持ち、200年以上の歳月を経て1700年後半に完成しました。1985年に世界遺産に登録され、マドリード郊外の観光地として世界中から人々を集めています。


住所 C/ BARRIONUEVO, 2, 40003 Segovia
Googleマップで確認する
TEL +34-921-46-22-05
開館時間 9:30〜18:30(11月〜3月は17:30まで)
料金 3ユーロ
カテドラル イメージ

ローマ水道橋 イメージ ローマ水道橋
Acueducto Romano / セゴビア

1世紀頃から、セゴビアの郊外にある水源から街まで水を運んでいた2層の水道橋。1884年までは実際に使用されていたという、保存状態がよいセゴビアのランドマーク的な建造物の一つです。全長約800メートル、高さ約28メートルの大きな水道橋は、釘などが一切使われず、石の積み上げだけで作られており、古代ローマ時代の技術的な完成度に驚くばかりです。アルカサルや大聖堂と同時期に、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

Googleマップで確認する

トレド大聖堂と古都トレド
Villa histórica de Toledo/ トレド

トレドの街は、かつての西ゴート王国の首都で、中世にはイスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が交錯した地。1986年にはトレド大聖堂他、多くの歴史的モニュメントが残るトレド旧市街全域が「古都トレド」としてユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されました。トレド大聖堂にはスペインカトリック教会の首位聖職者とされているトレド大司教座が置かれています。イスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が混じり合ったトレドにあるカテドラルだからこそ、建築様式もゴシックとムエデハル様式の特長が合い交わったものとなっています。

トレド大聖堂と古都トレド イメージ
[サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂]
住所
Calle del Cardenal Cisneros, S/N, 45002 Toledo  
Googleマップで確認する
TEL +34-925-22-22-41
開館時間 月〜土 10:00〜18:30/日・祝 14:00〜18:30 (※入場は閉館30分前まで)
料金 7ユーロ

王宮 イメージ 王宮
Palacio Real de Madrid / マドリード

マドリード市内の西側のバイレン通りにあり、「オリエンテ宮」とも呼ばれるスペイン王の王宮です。一度、火災で焼失しましたが1764年フェリペ5世により再建され、現在でもスペイン政府の迎賓館として公式行事に利用されています。広大な宮殿には、歴史的な王室のコレクションやアーティストの作品が飾られています。1930年代までは王族も住んでいた、豪華で優雅な観光名所です。
住所
Palacio Real Calle Bailén s/n 28071 Madrid  
Googleマップで確認する
TEL +35-914-54-88-00
開館時間 4月〜9月 月〜土 9:00〜18:00/日・祝 9:00〜15:00
10月〜3月 月〜土 9:30〜17:00/日・祝 9:00〜14:00
(※入場は閉館30分前まで)
定休日 1月1日・6日、5月1日・15日、10月12日、11月9日、12月24日・25日・31日
その他、公式行事の際は入場不可
料金 8ユーロ
他のシティ情報を見る
航空券・旅行のご予約 ANAページへ ルフトハンザ ドイツ航空ページへ オーストリア航空ページへ スイス インターナショナル エアラインズのページへ
取材協力:
スペイン政府観光局

スペイン政府観光局

取材調整:

SNJ日西文化協会

(ご注意:上記から先は外部サイトへ移動します)

※掲載の情報は予告なく変更される場合があります。

このページのトップへ >>
  © travel-europe.jp