オスロ イメージ
1048年にヴァイキング王ハーラルによって築かれたのがはじまり。オスロフィヨルドと呼ばれる湾の奥に位置し、周囲は美しい自然が溢れています。ムンクの作品を展示しているオスロ国立美術館や、ヴァイキング船博物館など見所はいっぱい。ノルウェー王国の首都でもあり、ノーベル平和賞の授賞式が行われることでもその名を世界に知られています。
 
オスロ観光  イメージ
ノーベル平和賞授賞式が行われるオスロ市庁舎や、思わず同じポーズをとりたくなる彫刻が並ぶヴィーゲラン公園などを巡ってみては?
オスロショップ イメージ
衛兵さんも訪れるスイーツカフェや、オスロ・フィヨルドの潮の香り漂うレストランで海の幸を堪能しましょう。
オスロプラン イメージ
カール・ヨハン通りを気ままに散策。デザインショップでお気に入りの雑貨を見つけたあとは、ムンク美術館でムンクの“叫び”を鑑賞しましょう。
観光スポット
ヴィーゲラン公園 イメージ ヴィーゲラン公園
Vigelandsparken

別名「フログネル公園(Frognerparken)」と呼ばれているこの公園は市民の憩いの場となっており、芝生の園内には212点の彫刻が野外展示されています。この公園を市から委託されデザインしたのは彫刻家のグスタフ・ヴィーゲラン。彼が製作した高さ17mの塔"モノリッテン"や、男女のユニークな裸体像などが点在しています。園内にはカフェやショップもあり、カプチーノやサンドイッチで軽いランチをしたり、お土産にポストカードなどを購入することもできます。
住所 Frognerparken, 0268 Oslo  
Googleマップで確認する
  TEL +47 23 49 37 00
開園時間 24時間開放   休園日 無休   料金 無料

オスロ市庁舎 Rådhuset i Oslo

オスロ湾に面して建つ市庁舎は市創設900年を記念して1950年に造られたもの。一番の見どころはノーベル平和賞の授賞式が行われる大ホールで、床は大理石。取り囲む壁画にはノルウェーの歴史が描かれています。他のフロアにも地元アーティストのアートが飾られ、さながら美術館のよう。ムンクの絵や、ヨーロッパ最大級の油絵『働き楽しむ人々』なども展示され、歴代の王や王妃の肖像画も見ることができます。
市庁舎の歴史や建築についてさらに知りたい時は、約45分のガイドツアー(英語もあり、毎週水曜10:00、12:00、14:00/夏期6、7、8月は毎日)を利用することもできます。

オスロ市庁舎 イメージ
住所 Fridtjof Nansens plass, 0160 Oslo  
Googleマップで確認する
  TEL +47 23 46 16 30
開園時間 9:00〜18:00   休園日 選挙などの公共行事がある時   料金 無料

アーケル・ブリッゲ イメージ アーケル・ブリッゲ
Aker Brygge

ピーペルヴィーケン湾に面したベイサイドエリアのアーケル・ブリッゲは古い倉庫街を再開発した、今、話題のホットなスポット。最新のブティックやおしゃれなカフェ、映画館、バーもあり、観光客や地元っ子に人気を呼んでいます。買い物に疲れたら爽やかな海風を感じながらオープンウェアのカフェでのんびり。カフェオレでも飲みながら現代のオスロをたっぷりと味わえます。夜にはライトアップされたアーケシュフース城がよく眺められます。

住所
Aker Brygge Oslo  
Googleマップで確認する
TEL +47 22 83 26 80
営業時間 ショップ 月〜金 10:00〜20:00/土 10:00〜18:00 ※レストラン、カフェは各店舗により異なります。
休業日 ショップは日曜、レストラン、カフェは店舗によって異なりますが多くの店舗は日曜も営業中
1月1日、洗足木曜日、聖金曜日、イースターマンデー、憲法記念日(5月17日)、昇天祭、ウイットマンデー、ボクシングデー ※年により異なります。

アーケシュフース城
Akershus Slott
岩の上にそびえるルネサンス様式の城塞です。ホーコン5世マグヌッソン王により最初に建てられたのは1299年のこと。1527年には火事でその大部分を焼失しましたが、デンマーク王クリスチャン4世により建て直されました。外敵に9回も包囲されるものの一度も陥落することはなく、今もその歴史を伝えています。城内にはクリスチャン4世のホールが残り、晴れた日の窓からはオスロフィヨルド(湾)がくっきりと眺められ心地よさ満点。

住所 Akershus festning, 0015 Oslo
 
Googleマップで確認する
開館時間 [9〜4月]土・日 12:00〜17:00 [5〜8月]月〜土 10:00〜16:00/日 12:30〜16:00
休館日 5月1日・17日
料金 70ノルウェー・クローネ
アーケシュフース城 イメージ

カール・ヨハン通り イメージ
カール・ヨハン通り
Karl Johans gate

中央駅と王宮を結ぶ東西に延びた約2㎞のメインストリートで、大聖堂から国会議事堂まで歩行者天国になっています。デパートやモダンなショップ、レストラン、カフェなどが並び、気軽にショッピングを楽しめるストリートです。週末や夏季には大道芸やストリートミュージシャンによる演奏などを見ることもでき、賑やかな雰囲気。オスロに到着したらまずはこのストリートを歩いて街の雰囲気をチェックするのがおすすめです。
Googleマップで確認する
他のシティ情報を見る
航空券・旅行のご予約 ANAページへ ルフトハンザ ドイツ航空ページへ オーストリア航空ページへ スイス インターナショナル エアラインズのページへ
協力: スカンジナビア政府観光局 オスロ観光協会 Visit OSLO

オスロ観光協会
Visit OSLO

(ご注意:左記から先は外部サイトへ移動します)

※掲載の情報は予告なく変更される場合があります。

このページのトップへ >>
  © travel-europe.jp