デュッセルドルフ イメージ
シューマン、メンデルスゾーンなどの芸術家たちゆかりの芸術と文化の街です。今も昔も変わらずライン川がゆったりと流れ、伝統の中にモダンさと都会性を併せ持ちます。日本企業も多く進出し欧州でも有数の経済圏を築く一方、芸術も盛んで電子音楽のクラフトワークもこの街で生まれました。デュッセルドルフ芸術アカデミーからは多くの芸術家を輩出しています。また瀟洒なショップから一流ブランドのブティックも多く、世界でトップクラスの洗練されたショッピングを楽しむこともできます。
 
デュッセルドルフ 観光イメージ
「世界で最も長いバーカウンター」と言われる、酒屋が軒を連ねる旧市街や、ライン河を眺めながら散策におすすめの遊歩道へ行ってみよう。
デュッセルドルフ ショップイメージ
旬の素材を使って焼き上げるケーキが人気のカフェや地元民でにぎわうアルトビール醸造所など、散策と共に立ち寄りたいショップをご紹介。
デュッセルドルフ プランイメージ

注目のウンタービルク地区にある小さなブティックなど、今デュッセルドルフは可愛い雑貨のショップが充実!お気に入りを探してみよう。

 
観光スポット
旧市街 イメージ
Googleマップで確認する
 URL http://www.duesseldorf-altstadt.de
 
旧市街 Altstadt
中世の面影を今にとどめる旧市街「アルトシュタット」。美しいバロック教会の聖アンドレアス、音楽家ハインリッヒ・ハイネの生家、13世紀に建立された聖ランベルトゥス教会などが時の重みを感じさせ、シュナイダー・ヴィッベルガッセの仕掛け時計が優雅に時を告げます。そんなアルトシュタットですが一方で、260軒以上のレストランやバー、クラブなどが軒を連ねる「世界一長いバーカウンター」としても名をはせています。街の南側には常設市場(日曜定休)のカールスプラッツがあり、新鮮な野菜、魚介、お菓子などを見ることができます。そんな街をふらっと歩きながらチョコレートやチーズを買ったり、できたてのアルトビールに喉をうるおしつつ、地元っ子気分を味わってみてはいかがでしょう?

K20州立美術館 K20 Kunstsammlung K21州立美術館 K21 STÄNDEHAUS
デュッセルドルフにはノルトライン・ヴェストファーレン州の2つの州立美術館があります。そのひとつK20州立美術館は、20世紀の作品を展示しています。ピカソやパウル・クレーなど西欧とアメリカの絵画を中心に優れたモダンアートをコレクション。新古典主義、ファービズム、ダダイズムなどの作品を豊富に見ることができます。もうひとつのK21州立美術館は2002年にオープンしたコンテンポラリーな国際アートの美術館。70年代後半から現在までの作品を展示しています。建物は元州議会議事堂をリノベーションして使用。目の前の水辺も心地いい空間となっています。2つの美術館の間はシャトルバスが走っています。
K20州立美術館 イメージ
K20州立美術館
住所 Grabbeplatz 5  
Googleマップで確認する
  電話 +49 211 838 1204
休日 月曜、12/24,25,31  料金 8ユーロ ※K21州立美術館とのコンビチケットは17ユーロ
K21州立美術館
住所 Ständehausstraße 1  
Googleマップで確認する
電話 +49 211 838 1204  休日 月曜  料金 12ユーロ ※K20州立美術館とのコンビチケットは17ユーロ
 
開館時間 10:00(土・日曜、祝日11:00)〜18:00(第1水曜は〜22:00) 
URL http://www.kunstsammlung.de

メディエンハーフェン イメージ
  URL http://www.medienhafen.de  ※外観は見学自由
Googleマップで確認する
 
メディエンハーフェン MedienHafen
クリエイターや若者たちに人気のエリアがメディエンハーフェンです。世界的に著名な建築家たちが手掛けた建造物が並ぶ様は、まさに現代建築の見本市。上階がせり出しているビルや、外壁にオブジェがいっぱい張り付いた建物など、それらのユニークさは建築ファンならずともたっぷりと楽しめます。なかでも目を引くのが、アメリカの人気建築家フランク・O・ゲーリー作の3つのアシンメトリーのビル。とても摩訶不思議な形をしていますが、メディエンハーフェンのランドマークとなっています。メディエンハーフェンにはおしゃれなカフェやレストランも集っているので、ティータイムやディナータイムをここで送るのもおすすめです。ライン川沿いにあり、リバーサイドの雰囲気をたっぷりと味わうことができます。

ラインタワー Rheinturm
ライン川沿いにそびえる1982年に建設された電波塔です。高さは234.20m。展望台は地上164.50mと168mの2カ所にあり、晴れていればライン川が流れる市内はもちろん、郊外の街々やケルンのケルン大聖堂あたりまで望むことができます。また、168mのところにバー&ラウンジ、172.50mのところに1時間で1周する回転展望レストランがあり、爽快なスカイラインや美しい夜景を見ながらお茶や食事が楽しめます。いずれのフロアも窓ガラスが斜めになっているため、足元のはるか下まで見ることができて思わずドキドキ。また、夜には10進法時計が小窓で発光し、時を教えてくれます。最寄駅は市電のStadttorです。
住所 Stromstraße 20  
Googleマップで確認する
電話 +49 211 863 2000(レストラン)
開館時間 日~木10:00~24:00、金・土10:00~翌1:00
料金 大人4ユーロ   交通 トラムStadttor駅から3分
URL http://www.kunstsammlung.de
ラインタワー イメージ

ライン河畔の遊歩道 イメージ
Googleマップで確認する
 
ライン河畔の遊歩道
スイスアルプスに始まりヨーロッパをとうとうと流れるライン川。全長1233㎞のうち半分以上の698㎞がドイツを流れています。河畔には風情豊かな街々がありますが、なかでも美しいと言われるのがデュッセルドルフです。街の南北を流れるライン川の川沿いにある広々とした2㎞の石畳の遊歩道は、プラタナス並木が爽やかさを与えてくれるうってつけの散歩コース。ラインタワー、メディエンハーフェンなどデュッセルドルフを代表する建物を間近に見ることができます。カフェでコーヒーやアルトビールなどを味わいつつ、晴れた日の夕方や休日に憩う、市民の姿を眺めるのもたのしいもの。またここから眺める夕日はとてもロマンチックで、定番のデートスポットにもなっています。

ベンラート城 Schloss Benrath
デュッセルドルフ南部に位置する後期ロココ様式の城です。おとぎの国の邸宅のような建物は、ピンクの外壁と窓枠や屋根の優雅なレリーフがとても印象的。18世紀末に選帝侯カール・テオドール(1724~1799年)の離宮、狩猟用別荘として建設されました。60万㎡もある美しい庭園には菜園もあり、イギリスやフランスなどの影響を見ることもできます。本館「コール・ド・ロッジ」の豪華なフランス家具や陶器などが調度された城内は、ガイドツアーで見学することができます。また東翼には「ヨーロッパ造園博物館」、西翼には「自然博物館」があります。場所はデュッセルドルフ中央駅から約10分のベンラート城から下車。そこからだいたい徒歩10分ほどで到着します。
住所 Benrather Schloßallee 100-106
Googleマップで確認する
電話 +49-211-899-7271
URL http://www.schloss-benrath.de
 
他のシティ情報を見る
航空券・旅行のご予約 ANAページへ ルフトハンザ ドイツ航空ページへ オーストリア航空ページへ スイス インターナショナル エアラインズのページへ
  取材協力:
ドイツ観光局

デュッセルドルフ観光局

(ご注意:左記から先は外部サイトへ移動します)
※掲載の情報は予告なく変更される場合があります。

このページのトップへ >>
  © travel-europe.jp